戦後の日本のクリエイター凄すぎやろ

スポンサーリンク
1: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)11:48:42 ID:fkP
手塚治虫、円谷英二、黒澤明、宮崎駿
本田宗一郎、松下幸之助などなど・・・

こういう奴らを再び生み出すには何が必要なんやろか?
よく言われるクリエイターの待遇云々とは違うと思うんや

23: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)11:59:23 ID:Gbv
イッチは何をもって>>1のクリエイターを凄いと称してるんや?

26: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:00:07 ID:fkP
>>23
圧倒的オリジナリティと後に与えた影響やな

28: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:01:13 ID:Gbv
>>26
なるほどな
例えば手塚はどういう部分がオリジナリティがあると思う?

31: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:02:24 ID:fkP
>>28
コマ割り、ストーリー、絵のデフォルメの美しさ

2: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)11:50:09 ID:FQ3
待遇は一つのきっかけになるやろ
業界に未来感じられんのに夢あるクリエイターが生まれる訳ないやん

5: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)11:51:38 ID:fkP
>>2
戦後の奴らは待遇なんてゼロに等しかったはずや
だからこういう奴らを生む原動力になるんや
企業の社員としてのクリエイターの待遇はもちろん挙げるべきや

18: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)11:55:53 ID:fkP
>>5
原動力になるんや

原動力にはならんのや

修正

3: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)11:50:33 ID:cdA
こいつら西洋の美術や映画に学んでるからなぁ
今の日本のアニメだけ見てるオタク作家とは違うわ

7: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)11:52:18 ID:fkP
>>3
それはありそうやね
戦後の創作物が凄すぎるあまり
皆それに憧れて0から新しいものが作れない

4: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)11:50:54 ID:LdZ
戦時中~戦後は日本以外も凄過ぎるからセーフ

6: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)11:52:06 ID:jWh
それ聞いた話やけど
戦後で既得権益が崩壊してから
無名でどこともしれない有象無象が台頭できたらしいで
出る杭を打つ人間が消滅した社会が戦後や

8: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)11:53:30 ID:fkP
>>6
インターネットはそれと同じ状況を生み出すかと思ったんやが大したことなかったな
いや、むしろ今の若い世代で始まりつつあるんかな?

9: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)11:53:33 ID:OLB
今のほうがレベル高いよね

11: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)11:53:59 ID:fkP
>>9
今は戦後ほどの革新的な創造は無いな

20: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)11:57:43 ID:OLB
>>11
別に今革新的な作品が無いとは思わんけど
革新的である必要なくないか?

24: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)11:59:29 ID:fkP
>>20
ワイはまだ20代なんやが
昔の作品が輝いて見えるんや
その要因は何やろ?と考えて
今の創作物と違うのは0から表現を生み出していることなんやないかなって思ったんや

30: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:01:21 ID:mSk
>>24
0から生み出してる訳無いやろ…
手塚も色んな分野の表現勉強してから漫画作っとんのやぞ

32: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:03:25 ID:fkP
>>30
今の漫画は「漫画の描き方」を学んで描いた漫画やん
手塚は色んな作品から学んで自分で確立した描き方や

36: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:04:00 ID:OLB
>>24
たしかにゼロから生み出してる感はあるけど実際そんなことはないんやで
手塚もアメコミやらディズニーやらのパクリでのし上がってきた

10: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)11:53:48 ID:jWh
昔の人間「車作たい!」←やることもないからやったるか!

今「車作たい!」←貴方は学生時代何をしてきましたか? わが社にどんなメリットを

12: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)11:54:10 ID:Gbv
チェンソーマンのタツキは黒澤に通ずる物を感じる

13: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)11:54:57 ID:fkP
>>12
確かにチェンソーマン の作者は漫画に学んだ漫画やなくて
上手く他のものを吸収しとるわ

15: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)11:55:41 ID:Gbv
>>13
そういう技術的な部分もあるけど、物を作る側の人に好かれる要素があるな、タツキは

14: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)11:55:37 ID:dYp
上昇志向とか反骨精神も必要なんちゃう?
手塚治虫が生きてる間は漫画はずっと格下のメディアやったし
アニメ作ってた連中はホントは映画会社入って実写映画撮りたかった連中ばっかり
見返したる!って言う原動力はあったと思うで

19: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)11:56:51 ID:fkP
>>14
今そういう境遇にある業界ってあるんかな
Youtuberとか?

25: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)11:59:49 ID:dYp
>>19
ないでしょ
日本のYouTuberにしてもPewDiePieと正面からぶつかって超えようなんて思わってる奴おらんやろ

29: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:01:17 ID:fkP
>>25
創作のハードル下がりすぎてそんな気持ちも生まれんか
ダメやったらダメで終わりやもんな

16: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)11:55:42 ID:AwO
戦前に生まれてんのやろ大体
幼少時の戦争体験がヒントなってんちゃう
戦後なんていうたら次から次と生まれるやろ

17: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)11:55:46 ID:2lZ
今と昔じゃ制作費が桁違いなんよな
アイデアが優れていて天才的な作品を生み出すクリエイターがいても
ウケるかウケないか判断できなけりゃ作品化されない
技術が発達したせいで安定して集金できるモノしか生み出されなくなったのよ

21: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)11:57:49 ID:fkP
>>17
制作費が増えるほど制約は大きくなる
なんかもどかしいわ

22: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)11:58:56 ID:mSk
今のクリエイターも凄くね?

27: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:00:19 ID:zcY
なお現在

37: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:04:22 ID:c6C
あんなん突然変異やから人為的に増やすのは無理やぞ

38: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:05:27 ID:LdZ
恐らくやが
昔はひたすら得られる情報が少なくて限られた時間と限られた脳内でしか作品に触れられなかったんや
そんな状況で作品を吸収しようと思ったら今とは比べ物にならん集中力で作品に触れてたハズや
それで昔のクリエイター達は凝縮された経験が積まれていったんやろ

40: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:06:02 ID:zcY
>>38
それはあるな
今は情報が飽和して逆に選べなくなってる

41: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:07:12 ID:fkP
>>38
説得力あると思うが
それならクリエイターを育てる!とか補助金出す!っていう発想が無意味ってことになるよな

45: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:09:20 ID:LdZ
>>41
育てた結果に何を望むかによるやろ
もちろん投資したからには金を生まなアカン
そうすると一元的になっていくんやないか?

50: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:11:32 ID:fkP
>>45
まあ投資されるタイプの人達は
ワイの言ってるクリエーターとは違う仕事なんかもしれんな

43: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:08:30 ID:LZd
最近はすぐパクりだ権利だとうるさいから何も生まれない

44: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:09:14 ID:fkP
>>43
革新的なものはやっぱり何の縛りも無い場所から生まれるんかな

48: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:10:41 ID:c6C
というかクリエイターの母数が増えたから一人当たりの価値が下がっとるだけや
昔におったら天才扱いされるような作家も割と見る

49: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:10:51 ID:dYp
昔は漫画やアニメの地位が相当低かったから割と好き勝手にできたってのもあるね

57: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:18:52 ID:Gbv
本物ってなんなんや?

62: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:21:33 ID:fkP
>>57
これ明確に定義するの難しいんやけど
本当にその人の情熱が形になってる様子が見えた時に本物やって感じる

これどっかで見たな~って要素が雑に引用されてたりするほど
ああ、適当に作ったんやろなって思う

58: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:19:53 ID:LdZ
まぁ売り方もアカンよな
n匹目のドジョウを安定して掬おうとしかしてへん

59: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:19:59 ID:umj
宮崎駿の名前だしてるけど宮崎駿は近代やろ おるやん
久石譲も世界評価高いぞ

60: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:21:06 ID:LdZ
他はまだしも邦画界に関してはガチで枯れた感ある

63: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:22:32 ID:fkP
>>60
邦画はどうしてこんな感じになっちゃったんや?
黒澤映画最近見始めたんやがめちゃくちゃ凄いやん

67: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:25:51 ID:LdZ
>>63
エンタメにおける映画の占める割合の低下
テレビの延長線上へのシフトによるしがらみ大量発生
撮影しようにも街だの道だのの規制強化の一方
芸術面を評価するだけの体力もない

好きなの選ぶんやで

61: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:21:12 ID:ekj
プラモとかの絵描いてた人も凄いと思う

65: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:25:08 ID:fkP
>>61
わかる
熱を感じるよな

64: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:24:36 ID:EV2
アニメとか漫画とか全面に押し出してから日本の創造性って確実に落ちたよな

68: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:25:54 ID:fkP
>>64
誇るべきやとも思うが
押し出してしまうと純度が下がる
もどかしいところやな

71: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:28:22 ID:Gbv
>>68
絵が上手いだけの奴は増えたよな
絵の上手さでその先を感じたいのに

72: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:29:28 ID:EV2
>>68
あくまでサブカルとしてやるべきものをメインストリートとしてやってもな…
あれは芸術・美術崩れを商品化したようなもんで新たに何かを生み出した商品やないからオリジナリティなんて皆無や
似たような絵と似たような説明
そりゃ一部のオタクはその少しの違いも楽しめるやろうけど大きな視点で見たらマンネリやからね

70: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:27:42 ID:NMl
押さえつけられた物が解放されるとすごいんやろな

73: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:29:55 ID:fkP
>>70
オタクカルチャーも抑圧された陰キャの存在無しには有り得んかったやろな

79: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:32:57 ID:w0K
>>73
まんが道とかアオイホノオとか見ると
昭和の時代は陰キャ気味なオタクがそのままプロになってた事が多いんかな

75: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:31:20 ID:ryz
戦前は?葛飾北斎?

77: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:32:20 ID:NMl
>>75
曲亭馬琴

78: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:32:27 ID:fkP
>>75
戦前の日本の芸術は西洋文化への憧れが強すぎるイメージやな
あんまり心に響かんわ

82: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:34:28 ID:fkP
>>78
ちなこれは大正明治の話な
江戸時代の文化は最高や

80: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:33:40 ID:umj
手塚とかガチ陽キャやぞ

83: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:36:10 ID:w0K
>>80
大友克洋や鳥山明に嫉妬した話は陽でもあり陰でもあると思う

84: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:36:41 ID:fkP
>>80
あの時代は陰キャやとしても相当なバイタリティあるよな

85: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:37:55 ID:EV2
ガキの時から色んなものを見たり触れたりできる時代なってだいぶ経つのに
むしろ昔より世界的な評価受けるクリエイターがどの分野にもおらんっておかしいよな

90: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:42:50 ID:fkP
>>85
そう、それが不思議や

86: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:39:43 ID:umj
海外有名国内無名がそこそこおるからなあ
ハリウッドのメインのエンジニアで日本人とかおったりするし

87: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:41:51 ID:w0K
>>86
大道芸とかダンサーの人も海外有名国内無名が多い気がする

88: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:42:27 ID:umj
>>87
日本人のジャグリングすごいよな

92: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:44:12 ID:fkP
>>88
そうなんか、知らんかったわ

89: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:42:48 ID:L5K
戦後なんてなんもないからなんでも当たりそう

94: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:45:44 ID:fkP
>>89
戦争は嫌やがこれだけはちょっと羨ましい
Dr stoneとか、なろうとか
文明レベルの低いところで新しいことやる話が増えてるのも
今の時代の行き詰まった感覚を表してるのかも?

91: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:43:16 ID:Vf4
水木しげる「みんな寝ないから早死した…」

93: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:44:58 ID:w0K
>>91
水木先生はファンタジーと戦争という相反するジャンルを両方描けた
類稀な人やと思うわ

97: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:48:47 ID:ieL
日本人はデフォルメとかデザインに強いけど基礎美術で大陸諸国に大幅な遅れある

99: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:51:57 ID:EV2
>>97
なんかわかる気がする

101: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:52:48 ID:c6C
水木しげるはほんまに化け物やなあ
亡くなったのが悲しいわもっと長生きして欲しかった

103: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:53:23 ID:2Tj
秋山スレちゃうんか…

105: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)12:57:18 ID:fkP
>>103
秋山が茶化しとるのはワイが言うところの「近頃のクリエーター」やな

引用元: ・https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1604285322/

雑談・質問系・議論
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こそあどch

コメント